HOME >臨床研究

臨床研究について

■臨床研究の対象は?

  胎児の染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)についての検査希望があり、以下のいずれかの条件を満たす妊娠女性。
  ・染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのいずれか) に罹患した児を妊娠、分娩した既往を有する場合
・高年妊娠の場合 (分娩時35歳以上)
・胎児が染色体疾患(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーのいずれか)に罹患している可能性の上昇を指摘された場合※
  ※超音波検査、母体血清マーカー検査で可能性の上昇を指摘されている場合や両親にロバートソン転座(21/13染色体など)がある場合

臨床研究の対象とならない妊婦さん

  1. 胎児に超音波検査で形態異常が証明されている(転座を含めて診断可能な羊水・絨毛染色体検査を推奨します)
2. 出産予定時年齢が35歳未満である(今回検出する染色体疾患の発生率が低いと考えられる妊婦さんにおいての検査精度は検討されていません。)
3. 両親のいずれかが転座などの染色体構造異常の保因者である(羊水染色体検査を推奨します。ただし、21/18/13番染色体に関連する転座などでは本検査の対象になる場合があります)

 

 

TOPへ